簡単操作で、高速バックアップ・リカバリ

ディスクを丸ごとイメージバックアップ/リカバリ

ディスク全体を丸ごと1つのバックアップファイルとして作成し、その1つのバックアップファイルから、様々な操作が実行可能。

ディスク全体を一括リカバリ
任意のファイルやフォルダー単位でのリカバリ
パーティション単位でのリカバリ

ディスク全体を一括リカバリ

パーティションの構成を気にする必要なし!

任意のファイルやフォルダー単位
でのリカバリが可能

バックアップファイルをダブルクリックで開くだけ!

パーティション単位での
リカバリも可能

リカバリしたいパーティションを選ぶだけ!

リカバリとは

  • バックアップを取得した時点の状態に戻すこと

高速性でダウンタイムを最小限に

徹底したパフォーマンスチューニングにより他社競合製品よりも高速にバックアップ/リカバリを行えますので、大量データ時代の課題となっているダウンタイムの大幅な短縮を実現しています。※弊社調べ

弊社による各製品の調査結果

ActiveImage Protector -RE A製品 B製品 C製品
バックアップ時間 01:18:20 01:56:22 02:06:02 01:34:59
リカバリ時間 00:30:34 00:45:09 00:44:24 00:44:32
ファイルサイズ 176GB 172GB 172GB 192GB

さらに独自開発した「重複排除圧縮」機能により、保存先のバックアップ容量も大幅に軽減できます。

バックアップ対象マシン

機種 Dell PowerEdge T320
OS Windows Server 2012 R2 Datacenter
CPU Intel Xeon Cpu ES-1410 2.80GHz
Memory 16GB
ディスク構成 PERC H710 Adapter / RAID6
容量 230GB/1.8TB

保存先

ネットワーク上のWindows 系のNAS
1Gbps のイーサネット接続

はじめての方でも安心、簡単操作

バックアップの手順

わかりやすい画面やウィザード。たったの4ステップではじめての方でも簡単操作

①バックアップ対象 ②保存先 ③スケジュール ④世代管理&メール通知設定

リカバリの手順

UEFIマシンでもパーティション構成を気にせず、3ステップでディスク丸ごとリカバリ

①バックアップイメージファイルの選択 ②復元先 ③確認画面

テクノロジー

スナップショットドライバー(VSS)

セクターをイメージ化(スナップショット)

Changed Block Comparison Technology(CBC)

セクターの変更箇所を管理

AIPCopy サービス

スナップショットをファイル化

保存先の容量を大幅に縮小する重複排除圧縮機能

バックアップ時にデータブロックの重複を排除する機能を実装。保存先に専用のエージェントをインストールせずに、ActiveImage Protector -RE の基本機能だけで、ボリュームやディスクをバックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルの作成が可能です。重複排除圧縮機能を使用するだけで、イメージファイルの圧縮率は劇的に高くなり、保存先の消費容量を大幅に節約できます。重複データが大量にある仮想環境やアップデートを長期間繰り返してきた環境であれば、特に威力を発揮します。重複排除圧縮使用時でもバックアップ速度は従来から大きく変わることはありません。(開発元実測値:11.7TBのデータで約27時間)

コンバータ(仮想化)

バックアップイメージファイルや物理ディスクを仮想環境へ移行するためのユーティリティを標準で用意しています。仮想ディスクフォーマットへの変換と、更に仮想マシンを準備して起動できるような処理も行えます。

即時起動可能な仮想マシンへのダイレクト変換

ActiveImage Protector -RE は、バックアップデータを作成せずとも、物理ディスクから直接、即時起動可能な仮想マシン または、仮想ディスクファイルへの変換が可能です。
独自のバックアップファイル生成 ⇒ 仮想ディスクファイルへの変換、といった作業は不要となり、迅速にP2Vを実現致します。起動環境メディアによるダイレクト変換(※)も可能となり、環境移行にお勧めです。

  1. 起動環境メディアによるダイレクト変換は、仮想ディスクファイルへの変換のみとなります。

操作イメージ

①変換するディスクを選択 ②変換先ホストを指定 ③変換後、仮想マシンを起動

バックアップイメージファイルを使用した即時起動可能な仮想マシンへの変換

ActiveImage Protector -RE では、物理ディスクから直接、即時起動可能な仮想マシンへ変換する方法のほかにも、作成済みのバックアップイメージファイルを使用して、即時起動可能な仮想マシンへ変換する方法もあります。
例えば、新たなアプリケーションをインストールして問題ないか、仮想マシン上でテストを行う場合など、作成済みのバックアップイメージファイルを使用して、簡単にテスト用の仮想マシンを作成することができます。

操作イメージ

①変換するバックアップ
イメージファイルを選択
②変換先ホストを指定 ③変換後、仮想マシンを起動

HyperBack ─ 仮想マシンのエージェントレス・バックアップ ─

HyperBack は、任意のハイパーバイザー(Microsoft Hyper-V、または VMware vSphere ESXi)上の仮想マシンのバックアップをすることができます(エージェントレス バックアップ)。
対象のハイパーバイザー、および仮想マシンにエージェントをインストールすることなくバックアップすることができるので、ハイパーバイザーにかかる負荷を最小限に抑えることができます。

  1. Desktop、Cloud では実行できません。
  2. vCenter を指定した場合は、管理下の ESXi ホストは一つずつの登録となります。
  3. Virtual(物理ホストバックアップ用/HyperAgent用プロダクトキーインストールマシン)では、追加する際にハイパーバイザーの役割で[HyperBack(エージェントレス バックアップ)]を設定する必要があります。
    ライセンス超過状態で HyperBack の対象となるハイパーバイザーを登録する場合は、登録済みのハイパーバイザーのアクティベーション解除が必要になります。
  4. Server では、プロダクト キーに割り当てられたライセンス数の範囲内でバックアップ対象の仮想マシンを選択してください。ライセンス超過状態となる場合は、既にアクティベーション済みのバックアップ タスクから必要な数のタスクのアクティベーション解除が必要になります。
  5. Hyper-V 2012/2012R2 のチェックポイントは各仮想マシンの VSS Writer と連携を行いません。仮想マシン内でドメイン コントローラー、SQL Server、Exchange、Oracle、VSS非対応のデータベースなどをご使用の場合には各仮想マシンに ActiveImage Protector -RE をインストールして(エージェント ベース)バックアップによる運用を行ってください。
  6. Hyper-V の第一世代仮想マシンを対象にした場合、バックアップ終了後に「VG_Snapshot1(または2)」がチェックポイントとして作成されます。このチェックポイントを削除すると、次の増分バックアップではベース バックアップと同程度の処理時間がかかるのでご注意ください。

HyperBack 5つの特長

仮想マシンにバックアップエージェントのインストール不要

従来のエージェントベースのバックアップでは、各仮想マシンにバックアップエージェントをインストールする必要がありました。エージェントレスバックアップでは、各仮想マシンにバックアップエージェントのインストールは不要となります。

エージェントベースバックアップ
エージェントレス(HyperBack)バックアップ

ホストや仮想マシンのCPUやRAMの消費が最小限

バックアップタスクの実行はリモートの HyperAgentで実行しますので、ハイパーバイザーやゲストマシンの CPU やメモリの消費は最小限で済みます。

HyperRecovery(リストア機能)

従来のエージェントベースあるいは今回のエージェントレス・バックアップのイメージファイルを同じ、または別の仮想マシンに復元可能です。 別タイプのハイパーバイザーにも柔軟に復元可能です。

  1. Linux 仮想マシンのバックアップイメージを使用する場合は、バックアップ元と同タイプのハイパーバイザーをターゲットとして選択してください。

Hyper-V上の仮想マシンの増分バックアップ

Hyper-Vホストにエージェントまたはドライバーをインストールせずに仮想マシンの増分バックアップがおこなえます。Hyper-V が変更の追跡をおこなうRCT(Microsoft Resilient Change Tracking)に対応していますので、Windows Server 2016 Hyper-V以降の第二世代の仮想マシンのバックアップも可能です。

重複排除圧縮がさらに効果的に

各仮想マシンにインストールをおこなうエージェントベース・バックアップでの重複排除圧縮の効果は、実行している1台の範囲内に留まりますが、複数の仮想マシンを包括的に扱うエージェントレス・バックアップではより多くの重複を排除でき、更に効果的に容量を節約できます。