DataClasys

DataClasysロゴ
×
ActiveImage Protector -REロゴ

暗号化&バックアップで双璧のランサムウェア対策!

被害が増加し続けるランサムウェア

ランサムウェアによる被害件数は年々増加しており、数多くの中小企業も被害に遭っていることから、企業規模問わずにランサムウェア対策を行う必要があります。

企業・団体等におけるランサムウェア被害の報告件数の推移

企業・団体等におけるランサムウェア被害の報告件数の推移

ランサムウェア被害の被害企業・団体等の規模別報告件数

ランサムウェア被害の被害企業・団体等の規模別報告件数

navigate_next 引用:警察庁「令和3年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」

従来のランサムウェア

従来のランサムウェアは、ディスプレイや端末そのものの操作をロックする端末ロック型や、ファイルを暗号化して使用できない状態にするファイル暗号化型が主流でした。
これらのランサムウェアは、使用できる状態に戻してほしければ身代金を払えと脅迫してきますが、ランサムウェア感染前の状態のバックアップがあればランサムウェア感染前の状態に復元できるため、ランサムウェア対策としてバックアップが非常に有効です。

進化するランサムウェア

近年新たに二重脅迫型のランサムウェアが流行しています。
二重脅迫型は、ファイル暗号化型が進化したもので、ファイル暗号化前にデータを窃取しデータをダークウェブ等に公開してほしくなければ(または公開をやめてほしければ)身代金を払えと脅迫してくるものです。
こちらのランサムウェアは、ファイル暗号化に対してはバックアップが有効ですが、盗み出されたデータを守るためには、バックアップだけでは対策が不十分です。

DataClasys × ActiveImage Protector -RE

近年流行している二重脅迫型ランサムウェアに対して有効な対策となるのが、ファイル暗号化ソフト「DataClasys」です。
事前に重要なデータをDataClasysで暗号化しておくことで、二重脅迫型ランサムウェアによってデータが窃取されても、暗号化されているため中身を見ることができません。

あわせて、イメージバックアップソフト「ActiveImage Protector -RE」を使用することで、
ランサムウェア感染前の状態へ一気に復元できるため、感染後の復旧を短時間で行うことが可能です。

データ暗号化ソフト「DataClasys」と、イメージバックアップソフト「ActiveImage Protector –RE」を組み合わせることで、ランサムウェアから重要なデータを守り、感染後の復旧時間を短縮できるため、二重のランサムウェア対策となります。

情報漏えいの防止

DataClasysロゴ

ファイル暗号化

ファイル形式を問わず、あらゆるデータを暗号化し保護。
第三者へファイル流出時は、中身を読み解くことができないため、情報漏洩を防ぐことが可能。

×

復旧時間の短縮

ActiveImage Protector -REロゴ

ディスク内のOS・データ丸ごと保護

システム、アプリケーション、データ全てをディスク丸ごとバックアップ。
ファイル/フォルダー単位での復元だけでなく、OSを含めたディスク全体を復元可能。

DataClasys

DataClasys(データクレシス)とは、高度なセキュリティと柔軟な運用性を両立した”国産”のファイル暗号化(DRM/IRM)製品です。
ファイル形式を問わず、3D-CADを含むあらゆるデータを暗号化し保護することが可能です。
仮にサイバー攻撃やUSB紛失などでファイルが流出しても、関係のない第三者には中身のデータを読み解くことができません。
さらに印刷やコピー&ペースト、スクリーンショットなど、ファイルの中身を抜き取る操作を制限できるため、社内関係者による情報漏洩も防止します。

ActiveImage Protector -RE

ActiveImage Protector -RE とは、データだけでなく、OSを含めたディスク丸ごとバックアップ・復元ができるイメージバックアップソフトです。
国産のイメージバックアップソフトという強みを生かし、わかりやすく使いやすいツールが特徴です。
また、 ActiveImage Protector 2022-REより、ファイルバックアップ、クラウドストレージへの直接保存に対応し、重要なファイルやフォルダのみバックアップを取得し、クラウドストレージへ保存することが可能となりました。

簡単バックアップ・復元

バックアップの手順

わかりやすい画面やウィザード。たったの4ステップではじめての方でも簡単操作

バックアップの手順1 バックアップの手順2 バックアップの手順3 バックアップの手順4
①バックアップ対象 ②保存先 ③スケジュール ④世代管理&メール通知設定

リカバリの手順

リカバリの手順1 リカバリの手順2 リカバリの手順3
①バックアップイメージファイルの選択 ②復元先 ③確認画面

お問い合わせ先

DataClasysロゴ
社名 株式会社DataClasys​
住所 東京都千代田区岩本町1-10-5 TMMビル7F​
TEL 03-3861-2348​
E-mail product@dataclasys.co.jp​
WEB https://www.dataclasys.com​
ActiveImage Protector -REロゴ
社名 株式会社ラネクシー
第1営業本部 プロダクトソリューション部
住所 東京都新宿区西新宿8-1-2 PMO西新宿3階
TEL 03-6261-4711
E-mail aipre_sales@runexy.co.jp
WEB https://www.activeimage-re.com/

play_circle_filled 連携製品一覧へ戻る