UNITEX

UNITEXロゴ
×
ActiveImage Protector -REロゴ

信頼性の高いデータを長期保管!

データ長期保存の必要性

電子帳簿保存法

2022年1月施行の電子帳簿保存法(電帳法)改正により、電子請求書を電子データとして保存することが必須となりました。電子保存の場合は、電子帳簿保存法に定められた保存要件を満たしつつ、過去7年間分のデータを保存する必要があります。

また、IPA 独立行政法人 情報処理推進機構による「情報セキュリティ10大脅威 2022」組織編では「ランサムウェアによる被害」が2年連続で1位となっており、進化しているランサムウェアに対して、今まで以上に対策を強化していく必要があります。

電子帳簿保存法とランサムウェア、どちらの対策でも重要なポイントとなるのが「データを長期的に、安全に保管すること」です。

そのバックアップファイルは安全ですか?

ランサムウェア対策としてバックアップが重要なのは知っている、バックアップは日々取得しているという方、そのバックアップファイルは安全ですか?

保存しているバックアップファイルがランサムウェアに感染すると、バックアップファイルからランサムウェア感染前の状態へ戻すことができなくなります。

そこで、【バックアップファイルが安全な場所に保存されていること】がランサムウェア対策としてのバックアップの重要なポイントとなります。

安全な場所として挙げられるのが「ネットワーク上から物理的に隔離されている場所」ですが、中でもランサムウェア対策としてのバックアップ保存先として注目されているのがLTOテープです。

LTO(Linear Tape-Open)

大容量のデータを、長期間保管するのに適している磁気テープ記憶装置。
テープカートリッジを入れ替えて使用することができるため、取り外している状態のテープカートリッジはネットワーク上から物理的に隔離されている。

ランサムウェア対策としてのバックアップに最適!

ユニテックス USB接続 LTOテープ装置 × ActiveImage Protector -RE

データを長期間、安全性高く保管するのに最適なのがユニテックスのUSB接続タイプのLTOテープ装置です!
USB接続が可能なため、SASのインターフェースがない環境でも導入ができます。

合わせてActiveImage Protector -REをご使用いただくことで、サーバーのイメージバックアップを取得することが可能です。
ActiveImage Protector 2022-REより保存先としてLTOテープにも対応したため、バックアップの保存先としてユニテックス USB接続タイプのLTOテープ装置を指定することができます。

LTOテープ装置へのバックアップ

ユニテックス USB接続LTOテープ装置

USB3.0/SASインタフェースを搭載した、使いやすさを追求したエントリーモデルです。
USBモデルは、ユニテックスが世界に先駆けて開発したUSB3.0インタフェースを搭載しています。
特別な知識やスキルを必要としない使い勝手の良さを実現し、小規模オフィスでのバックアップ・アーカイブ運用のエントリーモデルとして最適です。
USB/SASハイブリッドモデルは、シーンにあわせてUSB3.0とSAS接続の切り替えが可能です。

ユニテックス USB接続LTOテープ装置

ActiveImage Protector –RE とは

ActiveImage Protector -RE とは、データだけでなく、OSを含めたディスク丸ごとバックアップ・復元ができるイメージバックアップソフトです。国産のイメージバックアップソフトという強みを生かし、わかりやすく使いやすいツールが特徴です。

また、 ActiveImage Protector 2022-REより、バックアップ保存先としてLTOテープに対応し、大容量のバックアップデータを長期間安全性高く保管することが可能になりました。

ActiveImage Protector –REのバックアップ

簡単バックアップ・復元

バックアップの手順

わかりやすい画面やウィザード。たったの4ステップではじめての方でも簡単操作

バックアップの手順1 バックアップの手順2 バックアップの手順3 バックアップの手順4
①バックアップ対象 ②保存先 ③スケジュール ④世代管理&メール通知設定

リカバリの手順

UEFIマシンでもパーティション構成を気にせず、3ステップでディスク丸ごとリカバリ

リカバリの手順1 リカバリの手順2 リカバリの手順3
①バックアップイメージファイルの選択 ②復元先 ③確認画面

テープ設定

バックアップ保存先にLTOテープを使用する場合は、事前にテープの設定を行う必要があります。

テープ設定1 テープ設定2 テープ設定3
①ユーティリティ設定 ②テープ認識を待つ ③プールを作成・テープ追加

バックアップの保存先

上記テープの設定を行うことでバックアップ設定時に保存先としてテープが選択できるようになります。

起動環境メディア作成時にLTOテープのデバイスドライバーを追加することで、起動環境上でもLTOテープがバックアップ保存先として認識されます。起動環境上で特別な設定をすることなく、LTOテープに保存したバックアップファイルから復元することが可能です。

バックアップ保存先

検証結果

使用済み容量約23GBをLTOへバックアップした際のバックアップ・リストア時間は下記のとおりです。

保存先 バックアップ時間 リストア時間
USB LTO8 ドライブ 3分13秒 8分7秒
USB HDD (USB 3.0) 4分26秒 2分54秒
USB HDD(USB 3.2 Gen 1) 2分43秒 2分7秒

確認環境

  • 使用済み容量:約23GB
  • CPU :Intel Core i5-8265U
  • メモリ:8GB
  • USB接続 LTO8ドライブ:UNITEX LT80H USB

動画でわかる!LTOテープへのバックアップ

ActiveImage Protector 2022-RE を使用してLTOテープへバックアップを取得する方法を動画でご紹介しております。
ぜひご参考にしてください。

1.ドライバファイルの適用

2.バックアップ設定

3.起動環境メディア作成

4.リストア

お問い合わせ先

UNITEXロゴ
社名 株式会社ユニテックス
営業部ソリューション営業グループ
住所 東京都町田市中町二丁目2番4号 ユニテックスビル
TEL 050- 3386-1242
E-mail sales@unitex.co.jp
WEB http://www.unitex.co.jp/
ActiveImage Protector -REロゴ
社名 株式会社ラネクシー
第1営業本部 プロダクトソリューション部
住所 東京都新宿区西新宿8-1-2 PMO西新宿3階
TEL 03-6261-4711
E-mail aipre_sales@runexy.co.jp
WEB https://www.activeimage-re.com/

ユニテックス様のWEBサイトでも連携ページ公開しております。ぜひご覧ください。