【導入事例】市役所のPCリプレースに際し、データを確実かつ容易に復元できる ActiveImage Deploy USB-REを採用。PC導入後、もしもの障害時にリカバリー作業を大幅効率化<横手市役所様>


市役所のPCリプレースに際し、データを確実かつ容易に復元できるActiveImage Deploy USB-REを採用
PC導入後、もしもの障害時にリカバリー作業を大幅効率化

秋田県横手市が市役所内のPCを更新するに際し、その作業を落札したのが県内を中心にさまざまなITサービスを提供している地場企業・渡敬である。横手市の要望には、何かあった際に必要なデータを確実かつ容易に復元したいというものがあったが、渡敬では提案の中にコンピュータ用キッティングツール「ActiveImage Deploy USB -RE(アクティブイメージデプロイ ユーエスビー アールイー)」の活用を盛り込むことで、これを実現。
従来は1台あたり1時間弱を要していた復元作業が5分程度で済むようになり、リカバリー作業の大幅な効率化が見込まれている。

使用製品:ActiveImage Deploy USB -RE(アクティブイメージ デプロイ ユーエスビー アールイー)

横手市役所の導入前の課題と導入後の効果

導入前の課題

故障の頻発により市役所内のPCを更新。これに合わせ、トラブルへの対応が通常の業務を圧迫している現状を変えるため、データを確実かつ容易に復元できるしくみを整備したかった。

導入後の効果

ActiveImage Deploy USB-REを活用した渡敬の提案を採用することで、何かあっても簡単にリカバリーできる環境を実現。作業の大幅な効率化が見込まれている。

導入事例の続きはこちら