ActiveVisor -RE

ActiveImage Protector -RE のための集中管理コンソール

ActiveVisor -RE は、サーバーおよびPCの健全性の保護、監視を統一した方法で集中管理できる統合管理マネージャーです。
ネットワーク上にある管理対象マシンのActiveImage Protector -REエージェントから情報を収集し、視覚的な統計情報の表示、マシンの状態、バックアップ状況、保存先の状態の監視、タスク、スケジュールの配信等を行うことができます。
必要に応じて更に、Webブラウザーを使用して管理することも可能です。ネットワーク上の任意のマシンからWebブラウザーを使用してActiveVisor -RE エージェントに接続して、ActiveImage Protector -RE の状態の確認や設定を行うこともできます。

ActiveVisor -RE を使用するメリット

  • システム管理者が大量のバックアップ対象マシンを一台一台管理する手間が省けます。
  • 必要に応じてWebブラウザーでの管理も可能なため、管理者はどこにいても作業が可能です。
  • 障害が発生した場合、どのマシンでどういった障害が発生したかを視覚的にわかり易いインターフェ―スで提供していますので、復旧作業が迅速におこなえます。
  • 運用開始後に想定外のバックアップの遅延が発生した場合でも、状況がわかり易く表示されるため、さらに踏み込んだシステムやデータの保全管理がおこなえます。

ActiveVisor -RE の特長

様々なデータをグラフィカルに表示できるダッシュボード搭載

探索したマシン数、OS種別、管理下のマシン数、管理対象マシンのActiveImage Protector -REのエディション、タスクの失敗/成功などの情報を視覚的なグラフですぐに把握できます。

管理対象マシンの管理

アクティブディレクトリ、ワークグループのマシンを探索した一覧から、簡単に管理対象に追加できます。管理対象のクライアントはコンピューターの情報、バックアップタスクの状況などを確認することがでます。ここからバックアップタスクの開始、停止も可能です。
また、クライアントのエージェントに適用されるライセンスの集中管理が可能です。

スケジュールの配信

個別のクライアントごとにスケジュールを設定できます。また、あらかじめ作成したテンプレートに従って、一括で同一パターンのバックアッププランを配信できます。
バックアップ、スケジュール、vStandbyタスク、【クライアント設定】で作成したテンプレートを管理対象クライアントへ配布します。複数のクライアントを選択し一括で配布が可能です。バックアップ、スケジュールのテンプレートは組み合わせて配信が可能です。クライアント個別の変更もできます。

障害発生が一目でわかるアラート機能

なんらかの障害が発生した場合、どのマシンでどういった障害が発生したかが視覚的にわかり易いGUIを提供していますので、即座に復旧作業に着手できます。

Webブラウザー経由での管理も可能

必要に応じてWebブラウザーでの管理も可能ですので、管理者はどこにいても作業が可能です。

サポートしているWebブラウザー
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
  • Apple Safari

システム要件

ハードウェア

CPU Pentium 4 または同等以上の CPU
メインメモリ 2048MB 以上

  1. ※ 4096MB 以上を推奨
ハードディスク 350MB 以上の空き容量が必要

Webブラウザー

以下のWebブラウザーからの Web アクセスをサポート

  • Google Chrome バージョン59以上
  • Microsoft Edge バージョン42以上
  • Apple Safari バージョン12以上

ディスプレイ解像度

  • 1280×1024 以上を推奨

オペレーティング システム(インストール時)

  • Windows 10(x64)、Windows Server 2012R2 以降のOS
    1. ※ クライアントのライセンス管理のため、インターネット接続環境が必要です。
    2. ※ デスクトップ OS などユーザー アカウント制御機能が有効になっている環境は、プログラムの実行許可が要求される場合があります。プログラムの実行許可を求められたときは、[許可]を選択して実行中のウィザードを進めてください。
  • 管理対象クライアント
  • ActiveVisor -REが管理可能なクライアントは、ActiveImage Protector 2018-RE SP2(5.1.0.4947)以上です。SP2以前のActiveImage Protector 2018-REとActiveImage Protector 2016-REでの使用は一部制限があります。

価格

ActiveImage Protector -RE 保守契約中のお客様にActiveVisorは無償で提供いたします。

ActiveVisor -RE ライセンス申請お申し込みフォーム